2017年11月12日

2017年11月11日のつぶやき






posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記

2017年11月11日

映画レビュー 「IT・イット ”それ”が見えたら,終わり。」 アンディ・ムスキエティ監督

IT
スティーブン・キング作品の映像化は当たり外れが激しい。特にこの「IT」,1990年に作られたTVドラマ(日本で最初に放送されたのはテレビ東京だったっけ。あとでNHK BSで前後編の完全版が放送された)のガッカリ感はちょっとキツかった。

その「IT」が劇場版として撮り直され,全米でかなり評判がいいという話は聞いていた。監督は「MAMA」(2013年)のムスキエティ。あの子役遣いの秀逸さ,これはちょっと期待できそうではないの,とムビチケ買って観に行きましたがな。

1988年,大雨の日。病に臥せっていた12歳の少年ビル(ジェイデン・リーバハー)は6歳の弟ジョージィ(ジャクソン・ロバート・スコット)にせがまれて紙の船を作る。水に浮かぶようにワックスを塗り,船は女性名詞だから「彼女」って呼ぶんだぞと教える。それに頷き黄色い雨合羽と長靴を履いて外に飛び出して行った弟はそれきり帰らなかった。誰も目撃者はいなかったが,彼は下水道に潜んでいたピエロ,ペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)に引き込まれてしまったのだ。

翌89年の夏,吃音を持つビルはいろいろな理由で周囲からいじめられている仲間,ユダヤ人のスタンリー(ワイアット・オレフ),メガネのリッチー(フィン・ウルフハード),マザコンのエディ(ジャック・ディラン・グレイザー)たちとつるんでいるが,たちの悪い上級生ヘンリー(ニコラス・ハミルトン)らのグループに目をつけられる。

ヘンリーたちから逃げ回る過程で同じように彼らの標的にされている転校生のベン(ジェレミー・レイ・テイラー),黒人のマイク(チョーズン・ジェイコブス),それから女子の間でアバズレと噂を立てられているベバリー(ソフィア・リリス)が仲間に入る。が,ともに夏を過ごす彼らにはいじめられっ子であることとは別にある共通点があった。

それは一人になったとき,自宅の地下室や図書館,通学途中の人気のない道などで「IT(それ)」としか呼びようのない恐怖の存在に出会うこと。やがて彼らはそれぞれが見ている「IT」が,姿は違えど実体は同じものであり,ジョージィの事件を発端に街で相次いでいる子供の失踪事件に関係があることと,そしてこの街では似たような事件過去27年周期で起きていることを知る…。

時代を原作から30年ほど現代側にシフトし(つか原作の「現代」は当然執筆された1980年代なんだけどさ),かつその「現代」と「過去」が複雑に絡み合う構成を捨ててこの一作はすべて「過去」を語るものとした,これは英断。物語の舞台にしてキングの故郷でもあるメーン州の短い夏,少年たちの交友,葛藤があの「スタンド・バイ・ミー」を彷彿とさせる。

そして肝心の「主役」,ペニーワイズ。これはコワい。ムスキエティが「MAMA」でも使ってた「物体だが情念だかよくわからない黒い帯状のなにか」の視覚効果にくわえてペニーワイズを演じるビル・スカルスガルドの笑う口元が…。ホラー好きなら是非劇場へ。


「IT・イット ”それ”が見えたら,終わり。」オフィシャル・サイト

posted by hiro fujimoto at 09:19| Comment(0) | 映画

2017年11月10日のつぶやき




posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記