2017年02月19日

フェブラリーステークス2017@東京競馬場

フェブラリーステークス2017@東京競馬場


2017年最初のGTレース,フェブラリーステークスである。舞台は府中の東京競馬場,ダート左回り1600m。

人気は2枠3番ゴールドドリーム,5枠10番カフジテイク,3枠6番モーニン辺り。だが正直言ってモーニン以外の2頭はなんで人気になるのかよくわからない。

ゴールドドリームの前走は中京で行われたチャンピオンズカップ(ダート1800m)で12着。コーナー4つの狭いコースだっつったって12着ですよ。なんでそんなに期待できるの?

カジフテイクはその同じチャンピオンズカップで4着,そのあともう1レース根岸ステークス(ダート1400m)に出走してこちらは勝っているわけだが,これまで1600以上の距離で勝ち鞍なしに加えここに来て斤量も1kg増しである。文字通りちょっと荷が重くないか?

そこでモーニンである。昨年このレースをレコード勝ちしたあといまひとつ波に乗れず,前走チャンピオンズカップでも7着に終わっているが,なんと言ってもまだ5歳である。やはりここで軸にするのはこの馬だろうと。

相手,人気はオレの知らない強みの現れかもしれないので前述2頭は買う。あと気になるのがチャンピオンズカップでこれらのメンツを全員まとめて破っている1枠1番の7歳騸馬サウンドトゥルー。いくら馬場条件に差があるとは言え軽視はできまい。もう1頭,6枠11番,昨年の2着馬ノンコノユメ。

この4頭に流してみる。どやっ?



うーん,モーニンには今日の馬場は乾燥しすぎだったか。レースは4コーナー廻るまでほぼ差の無い状勢でまず抜け出したのが5枠9番の7歳馬ベストウォーリア,これをゴールドドリームが追ってマッチレース。最後はゴールドドリームが首差で勝利。3着に最終オッズで1番人気になったカフジテイク。

勝負が決まってから気がついたんだけど,ゴールドドリームの鞍上デムーロは昨年モーニンに乗ってこのレース勝ったそのヒトぢゃないか。デムーロがモーニンよりゴールドドリームを選んだ…と考えてればなぁ,後の祭り。



posted by hiro fujimoto at 16:06| Comment(0) | 競馬

2016年12月25日

有馬記念2016@中山競馬場

有馬記念2017@中山競馬場


有馬記念である。あのキタサンブラックがまたしてもトクイの1枠1番を引いたからにはもうこの馬から行くしかない。少なくとも2着は絶対に外さないと思う。

で,相手である。人気から言えば菊花賞馬サトノダイヤモンドを無視できない。新旧の菊花賞馬対決(キタサンブラックは昨年の菊花賞馬)になるわけで,29年前のあのメジロデュレンの激走を覚えているオレとしてはキタサンブラックに傾くがサトノダイヤモンドを切る勇気はないな。本命だがこれは買い。

あとは穴狙い。まずは2枠4番ヤマカツエース,有馬の2500mはちょっと距離が長い気もするが,これまでの勝ち鞍が中山2勝,中京,福島,函館,京都で1勝と,カーブのキツイ馬場トクイだと思う。同じ理由で(ちょっと大外な気もするが)中山2勝のマリアライトも。

もう1頭,去年の牝馬2冠ミッキークイーン。今年はヴィクトリアマイル2着,エリザベス女王杯3着と勝ててないが,2キロのハンデ差をうまく活かせればここでも勝ち負けになるかと。



マルターズアポジーがハナから逃げキタサンブラックはそれを追走して2番手の展開,一週回った第3コーナーでサトノダイヤモンドが動いた時はちとまだ早いのではないかと思ったが,いい脚を長く使えるという言葉通りきっちりルメールがコール版前でキタサンブラックを差し切った。安い馬券とは言え一応的中。終わりよければすべてよし。

posted by hiro fujimoto at 16:00| Comment(0) | 競馬

2016年12月18日

朝日杯フューチュリティステークス2016@阪神競馬場

朝日杯フューチュリティステークス2016@阪神競馬場

先週のジュベナイルフィリーズとともに毎年「2歳馬のレースなんかわかるかよ」とぼやいてる朝日杯である。いや,2歳馬のレースぢゃなくても当たってないのでこのぼやきは全然正しくないわけだけど。

そうは言うもののこの朝日杯,過去のデータ(手許のデータは1990年以来)を見ると1番人気の連対確率が7割近く,2番人気のそれも5割と言うわりと人気がアテになるレースではあるのだ。

そこで今年の1番人気は…なんと牝馬のミスエルテ。デビュー2連勝中というだけなら同じ戦績の馬は他にもいるが。なんと言っても人気の秘密は血筋。父のフランケルは本場イギリスで14戦全勝,そのうち10戦がGI という「怪物」,つまりこのミスエルテは「怪物のムスメ」なのである。やっぱりこれは軸にせざるを得ないわなぁ。

相手は同じ2戦2勝のサトノアレス,アメリカズカップ,レッドアンシェル,1戦1勝のクリアザトラック。それに逃げそうな馬の中ではもっとも戦績のいい2枠4番ボンセルヴィーソ。これらを上のように買ってみました。



ボンセルヴィーソが先行してスローペースの競馬,直線,馬群に包まれたミスエルテは思ったほど伸びず,外からまくったサトノアレスが1着,2着もそれに続いたモンドキャンノ,ああこいつはキンサシャノキセキの息子なのか。まぁ買っていたとしてもタテメだったけどな。

posted by hiro fujimoto at 16:22| Comment(0) | 競馬