2017年04月09日

桜花賞2017@阪神競馬場

桜花賞2017@阪神競馬場

3歳クラシックの幕開け,桜花賞。前売りオッズでは阪神ジュベナイルフィリーズの勝馬ソウルスターリングが圧倒的な一番人気(毎日新聞夕刊で1.1倍)。オレの馬券買いのセオリーからいうとやはりここまでの一本カブリは軸にせざるを得ません。

しかしこんな風に人気が偏る場合,往々にして2着に「え?」という馬が来てでかい穴を開けるもんである。いちおう二番人気7枠15番アドマイヤミヤビへの馬券は押さえたうえで伏兵探しに夢を見たい。

まず目に付いたのが1枠2番ライジングリーズン。ここまでマイル戦ばかりで3勝1敗。勝った新馬戦が稍重だったつうのもちょっと心強い。それになんつってもあのキングカメハメハの孫だし。

それから4枠8番カラクレナイ。これまで使われたのは全部140mで1600mは初めてだが,3勝のうち2勝が阪神でというのがカギかと。

最後にこれが秘密兵器大外8枠18番のカワキタエンカ。おそらくこの馬が逃げてレースを作ると思うのだが,重馬場,あるいは稍重と予想されるこのレース,3歳牝馬にはペース配分が難しい。ひょっとするとこの馬の逃げ残りってのがあるかも。



蓋を開けて見ると予想が当たったのはカワキタエンカが逃げたことだけ。頼みのソウルスターリングは直線で伸びず,まくったのは10番レーヌミノルと6番リスグラシュー。この2頭がいなければソウルスターリング〜カラクレナイだったんだが(言っても虚しい。

しかしソウルスターリングの敗因ってはっきり馬場だよな,重いの全然向いてない。最近の新聞は馬の「重馬場適性」が全部「○」なんだけど,だったらそんな欄要らねぇぢゃねえか,とせめてもの悪態をついておく。

posted by hiro fujimoto at 16:34| Comment(0) | 競馬

2017年04月02日

大阪杯2017@阪神競馬場

大阪杯2017@阪神競馬場


オレのように「競馬は好きだけど馬券を買うのは GI レースだけ」というファンがどのくらいいるか知らないが,そのオレやオレの仲間にもっと金を使えと言わぬばかりの所業,大阪杯の GI 昇格である。しょうがない付き合いますよ付き合いますけどね。

人気は昨年の年度代表馬キタサンブラック,昨年のダービー馬マカヒキ,香港の GI レースを勝って凱旋したサトノクラウンといったあたり。まぁキタサンブラックは順当だと思うがマカヒキに 2000m はちょっと短いんではあるまいか。オレとしてはこの3強からマカヒキを外し,8枠14番のヤマカツエースを入れる。

軸としては2連勝中のサトノクラウンかとも思うが3強にそれほどの差は感じない。そこでサトノクラウン,キタサンブラック,ヤマカツエースを馬連のボックスで買い,それから連下として気になる1枠1番ミッキーロケットと3枠3番スズカデヴィアスにサトノクラウンから流してみた。



レースはおおかたの予想通り,マルターズアポジーが引っ張り,キタサンブラック,サトノクラウンあたりは中盤で控える展開。平均ペースで第4コーナーを回ったが,直線にはいってすぐにキタサンブラックが先頭に。これはしめたと思ったら2着はノーマークの3枠4番ステファノスで,期待のヤマカツエースは3着。惜しい馬券だったなぁ。

posted by hiro fujimoto at 16:39| Comment(0) | 競馬

2017年03月26日

高松宮記念2017@中京競馬場

高松宮記念2017@中京競馬場

いよいよ春競馬本番,高松宮記念である。中京1200mのスプリント・レース。1番人気は昨年秋のスプリンターズ・ステークスの勝馬4枠7番のレッドファルクス,なんだけど,そのあと行った香港への海外遠征で12着つうのがちょっと気になるなぁ。

相手の一番手は2枠3番一昨年の桜花賞馬レッツゴードンキ。鞍上もあのときと同じ岩田だし,オレの好きなキンギカメハメハの子。続いて人気は6枠12番メラグラーナ。5枠9番の先行馬シュウジと続く。

いつもだったら1番人気レッドファルクスからこれら気になる馬に流すところだけど,上にも書いたように前走12着というのがちょっとひっかかり,ちょっと変則な買い方をしてみた。すなわち,

レッドファルクス,レッツゴードンキ,そしてシュウジを馬連のボックスで(人気はシュウジよりメラグラーナだけどちょっとこの馬にこのレースは荷が重い気がする)。そしてこれは純粋にキングカメハメハひいきとしてレッツゴードンキから同じキングカメハメハ産駒の7枠14番トーキングドラムへのワイドを…。



レースはシュウジが引っ張る展開。思惑通りレッツゴードンキが内々を通って直線抜け出し…と思ったら大外からノーマークの3枠6番4歳馬セイウンコウセイが総まくり。これは買えなかった,残念。

posted by hiro fujimoto at 18:41| Comment(0) | 競馬