2017年10月15日

秋華賞2017@京都競馬場

秋華賞2017@京都競馬場

牝馬三冠,最後の一つ秋華賞。こんなこと言っても詮無いと言えばそうだけど,皐月賞,ダービー,菊花賞が徐々に距離が長くなるのに比べ,この牝馬三冠目は距離もオークスより短いし,ちょっとなんつうか意図の見えない条件だよね。

とはいえ出走する18頭の中には,この2000mが初めての距離という馬もいる。そのうえこの天気,重馬場必至と思えばどうしても過去の実績に重きを置きたくなる。

というわけでやはりここは,オークスで軸に選んで(2着だったけど)馬券を取らせてくれた2枠4番モズカッチャンから。

相手はちょっと距離が長いんぢゃないかと思うけど,まぁ一番人気なので1枠1番アエロリット。オークス9着ながら2000m2着になったことがある3枠5番ブラックスピード。距離未経験ながらこれまでダートばかりを走ってきた5枠10番タガノヴェローナ,デビューから3連勝中の7枠13番リカビトス。そして2000mを連勝しているオークス4着ディアドラ。



3コーナーを回ったところでモズカッチャン,デムーロが仕掛けたときはしめたと思ったが最後の直線が長かった。ディアドラにまくられたのは仕方ないとして4枠7番リスグラシューにまでハナ差躱されたのは誤算。1着3着は悔しいのぉ。

posted by hiro fujimoto at 16:21| Comment(0) | 競馬

2017年06月25日

宝塚記念2017@阪神競馬場

宝塚記念2017@阪神競馬場

春のグランプリ。やはり中心はキタサンブラックでしょうがないだろう。昨年のこのレースで3着に敗れてから1着1着2着1着1着。そのうち3勝がGiという実績は圧倒的だし,有馬記念でその唯一の黒星をつけたサトノダイヤモンドは出走しないんだから。

つうわけで必然的に軸はキタサンブラック,相手はどの馬かという話になる。人気は香港のGI勝の実績のあるサトノクラウン,日経賞を勝ったシャケトラというところだが,いまいちピンと来ない。昨年の牝馬二冠ミッキークイーンが目立つ程度か。

うーん,この天気で重馬場,良くても稍重の馬場にはなるだろうし,さすがにキタサンブラック〜ミッキークイーンの一点で勝負できる感じはしない。そこで人気は全然だけど重い馬場で実績のあるキンギカメハメハ産駒,ミッキーロケット,ヒットザターゲット,クラリティシチーを押さえてみる。



枠順もあったのかいつものようにハナに立たず3〜4番手に控えたキタサンブラックが,4コーナー回って来るのかと思ったらずるずると後退。勝ったのはサトノクラウン,2着に昨年の有馬記念3着のゴールドアクター。

終わってみればキタサンブラックはこんなに道悪ダメだったか…それとも有馬記念,宝塚記念というグランプリレースがダメなのか。そう言えば,これまで2015年の有馬3着,去年の宝塚3着,去年の有馬2着と勝ってない。それか!!(そう思ってると次回は違ったりするわけだが)。

posted by hiro fujimoto at 16:22| Comment(0) | 競馬

2017年06月04日

安田記念2017@東京競馬場

安田記念2017@東京競馬場

安田記念と言えば思い出すのは2008年の秋葉原通り魔殺傷事件である。あの日,月曜日からサンフランシスコで開かれるWWDCに出発するため山手線で日暮里(ここからスカイライナーに乗る)に向かっていたオレは,ちょうどあの事件が起きた前後にあの交差点が見える窓の前に立っていたはずなのだ。

が,視線はそちらには行かず手に持った安田記念の出馬表に…。事件のことをしったのはなんとサンフランシスコに着いてからだった。ついでに言うとナリタのラウンジからログインして買った馬券は外れてたっけ。

今年の安田記念,マイル王モーリスが引退し本命不在。一番人気になっているのは7枠15番イスラボニータ。鞍上はGI を3連勝中のルメールだし,人気になるのはわかるが,さすがに4連続はないんぢゃないかと。周りの騎手にだって意地ちゅうもんがあるだろうし。

そこでオレが本命に選んだのは前走マイラーズカップでイスラボニータの2着だった4枠8番エアスピネル。これまでのマイル戦ではすべて連に絡んでいる安定感もあるし,鞍上武豊も相当気合いが乗ってるみたいだし。

で,相手。まぁオッズは低いけどイスラボニータは外せないとして,あと不気味なのは格下とは言え目下5連勝中,マイル戦に限っても4連勝中というグレーターロンドン。「モーリスが出ないなら」てんで(ホントにそう言ったらしい)香港から参戦したコンテントメントとビューティオンリー。そしてまさかのトーキングドラム。



レースは昨年の勝者ロゴタイプ(このレース勝ってからまったくのダメダメなのでノーマークだったんだが)が逃げてペースを作り,そのまま逃げ切るかというところ,外からまくってきた7枠14番サトノアラジンに差されてフィニッシュ。3着レッドファルクス,4着グレーターロンドン,5着のエアスピネルは第4コーナーから内に包まれてしまって出るところがなかった。

posted by hiro fujimoto at 16:24| Comment(0) | 競馬