2016年10月19日

ブックレビュー 「危険な純粋さ」 ベルナール=アンリ・レヴィ著

危険な純粋さ
フランスの「新哲学派」,ベルナール=アンリ・レヴィが「コミュニズム敗北後の世界」について書いた評論である。うーん,1994年にこんな本が書かれていたのか(邦訳が出版されたのは1996年)。ちっとも知らなかった。

1989年11月「ベルリンの壁」が崩壊した。オレも覚えているが,この日の報道は凄かった。どこのクニもどんなニュース番組も,なんだか明日から世界が俄然良くなるようなことを声裏返して喚き散らしてたもんだ。実際,この事件をきっかけに東側各国の社会主義政権,共産主義政権は雪崩を打って崩壊した。ブルガリア,チェコスロバキア,ユーゴスラビア,ルーマニア…。そして1991年には彼らの盟主たるソヴィエト連邦も解体され,世界中にコミュニズム国家は数えるほどに。中華人民共和国,キューバ共和国,ベトナム社会主義共和国。ラオス人民民主共和国,朝鮮民主主義人民共和国…他にどっかあったっけ?

しかし,あの日西側の,自由主義陣営の,民主主義体制下にある人々が夢見たような「明日」は来なかった。共産主義の抑圧から解き放たれた人々は,我々と手を携えて平和で民主的な社会を再構築しようとなんてしなかった。ルーマニアではジプシー狩りが始まり,ロシアではユダヤ人が排斥された。ユーゴスラビア解体の動きの中で独立したボスニア・ヘルツェゴビナでは民族間の対立が内戦となった。共産国家の民は,解放されると民主主義者にならずにナショナリストに,ポピュリストに,そしてファシストになった。

他方,コミュニズムはあらゆる宗教も抑圧していた。共産党支配から脱し,自由社会的な「信教の自由」を勝ち取った人々はそれを謳歌したか。否。自由になった彼らは,共産主義体制下で肩を寄せ合っていた異教徒を排撃にかかった。数十年に渡って冷凍保存されていた種子が発芽するように,突如沸き起こった宗教的熱情がお互いに対する嫌悪を増幅し,昨日までパンやスープを分け合っていた異教徒の間に深い溝が刻まれた。コミュニズム崩壊がもたらした「自由」はまるで「聖戦を遂行する自由」であるかのごとくだった。

なぜこんなことになったのか。フランシス・フクヤマに代表される「歴史の終焉」論者たちは言っていたではないか。コミュニズムは民主主義に挑戦し得る最後の大制度だった。それが敗れ去った今,我々は人類発展の終着点に至ったのだと。遅かれ早かれ世界中が「米国式生活スタイル」に染まっていくのだ,と。レヴィは言う。ご存知の通りそうはならなかった,「歴史の終焉」論は間違っていた,フランシス・フクヤマは間違っていたのだよ。

どう間違っていたのか。レヴィの立論はこうだ。まず,コミュニズムというもの正体がなんであったのか。喝破する。コミュニズムとは「人間は善良である,少なくとも善良になりうる」という信念に基づいた,理想社会の希求である。オレも子供のころ「倫理・社会」の授業で教わった。万人が必要なものを必要なだけ支給される社会,なぜそれが可能かと言えば,万人がその理想実現のための奉仕をいとわないから…いとうってば,と思ったけどねコドモゴコロに。

ここらあたりからレヴィの論理はウルトラF,シライ・グエン的展開を見せる。すなわち,コミュニズムの正体というのは「原理主義」なんだと。「人間はもともと善良で無私だ,それをそうでなくしているものを片端から攻撃し,排除していけば,人間は善良で無私な元の姿に戻る」という論理のもと,私有財産を否定し,個人の個性を否定し,知識・文化を否定する。このくだり読んで,なるほどクメール・ルージュの虐殺の論理はこれだったんだなと腑に落ちましたよ。

そして現在の混乱はつまり,コミュニズムが担っていた「大きな原理」が雲散したために,これまでそれに無理矢理収斂させられていた無数の「原理主義」が,それぞれのベクトルに向けててんでに放散をはじめたのだ,と。この「原理への熱情」をレヴィは「純粋さへの意志」と呼ぶ。コミュニズムにおける「人間の善良さ」のように,原理主義というのは常になんらかの「純粋さ」を希求するのだ,そしてそれは本書の題名に掲げた「危険な純粋さ」なんである,と。

なるほど,ナチスがアーリア人の純血を求めたのも,イスラム原理主義がコーランを唯一の書物として他のすべてを不純・不要な存在とするのも,キリスト教右派が進化論を目の敵にするのも,ルワンダでフチがツチを「穢れたもの」として虐殺したのも,みんなみんな原理主義的「純粋さの追求」だったのか…。思いあたった。新大久保界隈で在日朝鮮人の排除を叫ぶヘイトスピーチャーたちもつまりは原理主義者なんだな。

…と,ここまでの分析はまことに納得のいくものなんだが,本書後半で展開される「ほんではそれに対抗するために『民主主義』側はどうするべきか」という論議はいささか期待外れ。つうかさ,レヴィは「民主主義」を「共産主義」の対立概念として扱っていた前提をそのまま敷延して「原理主義」と「民主主義」の二項対立的図式を描くんだけど,それが「民主主義の純粋さのために原理主義を排除するというなんだかとっても原理主義的な議論」に滑ってくことに無自覚みたいなんだよね。

ともあれ,1994年という段階で,コミュニズム崩壊後の社会の問題をこれだけキチンと分析した論考があった,ほんでそれを知らなかった,というのはなんか悔しい。その段階でオレがこれを読んでたら,まだマンハッタンにワールド・トレード・センターが建ってたぜ,なんてことは金輪際,ありゃしないにしても。

「危険な純粋さ」をAmazonで検索。


posted by hiro fujimoto at 07:47| Comment(0) |

2016年10月13日

ブックレビュー 「犬たちの明治維新 ポチの誕生」 仁科邦男著

犬たちの明治維新
2013年に出版された「犬の伊勢参り」の続編…ぢゃないな,でも続編みたいなもの,である。

かつて日本には「飼い犬」という概念がなかった。慶長8年(1603年),イエズス会によって編まれた「日葡辞書」(日本語-ポルトガル語辞書)には,犬に関わる言葉が全部で23あるが,その中に「飼い犬」という言葉はないのだそうな,え,信じられない? 著者もそうだろうと思ったのか23語全部を挙げているのでオレも引用しておこう。

犬・戌,山犬,唐犬(外国犬),むく犬(毛の長い犬),鷹犬,小鷹犬,鳥犬(以上3語は猟犬),牝犬,斑犬,里犬,犬追物,犬箱(小物入れ),犬縄,犬走(壁や塀沿いの狭い敷地),犬招き(刀の鞘の先端),犬飼星(牽牛星),戌の刻,犬鷲,犬蓼,犬桐,犬山椒(以上3語は植物名),犬死。

このうちポルトガル語の説明に「飼い犬」という言葉が使われているものがあって,それが「里犬」である。
【サトイヌ】村里に養われている飼い犬(この「村里に…」以下の部分は「日葡辞書」ではポルトガル語なのでこれは当時の日本語ではない)。

いろいろややこしいが(ややこしくしてるのはオレか),早い話が明治維新まで日本の犬というのは(狆を除いて)個人で飼うものではなかったのである。上の「里犬」が示す通り,一つの村,町内などに数匹いるが,誰の犬ということはなく,みんなにエサを貰ってその辺で適当に寝てたらしい。

それが明治維新で一変した。西洋人の真似をして人々が犬を飼い始め,どうせ飼うなら賢い(子犬の時からしつけられてるからであって別に賢いわけではなかったはずだが明治の人はそうは思わなかった)洋犬がいい…というわけであっという間に純粋な和犬というのはいなくなってしまった,のである。この洋犬たちを日本人は「カメ」と呼んだ。西洋人が犬達に「Come here!」と声をかけたから,らしい。

ところで「花咲か爺」の昔から,犬と言えば「ポチ」である。

ご幼少のみぎりに愛読した絵本の挿し絵の印象で,オレはなんとなくこの童話(民話?)をずいぶん昔の話と思っていた。あ,いや,実際この民話自体は室町時代末期には成立してたという説もあるほど古いんだが,問題は「ポチ」だ。どうやら江戸時代までこの犬には名前がなかった。それどころか上に述べたような事情により,別に正直爺さんの飼い犬でもなかったらしい(可愛がってはいたんだろうが)。

いつ彼は(いや,彼女かも知れないんだけど)「ポチ」になったのか。本書ではその「ポチ」の誕生についてわざわざ一章を割いて探求しており,これが読ませる。ほかにも西洋人が狆を珍重した話だとか,吉田松陰が米国船密航を犬に邪魔された話だとか,西郷隆盛が西南戦争の最中も連れて歩いていた犬の話だとか幕末から明治にかけての犬についての面白話満載だが,これが白眉。是非お読みいただきたい。

で,誰かなんで猫は「タマ」なのか調べてない?

「犬たちの明治維新 ポチの誕生」をAmazonで探す。


posted by hiro fujimoto at 20:24| Comment(0) |

2016年09月30日

ブックレビュー 「サイボーグ昆虫、フェロモンを追う」 神崎亮平著

サイボーグ昆虫、フェロモンを追う
サイボーグ昆虫である。昆虫サイボーグではない。どっちが先かで明確に意味が変わるわけぢゃないんだが,「昆虫サイボーグ」っていうとなんだか仮面ライダーみたいだからな(知らないヒトがいるといけないので一応付記しておくと最初の仮面ライダー,本郷猛は「バッタ男」である)。

著者・神崎先生とその一味(失礼)がサイボーグ昆虫を作ったのは,もちろん世界を征服するため…ではない。そもそも神崎先生は昆虫学者ではない。子どもの頃はムシが怖くて触れなかったそうで,つまりガキのころムネアカオオアリだのジグモだのギンヤンマだのを追いかけて暮らしてたオレやあなた(あなたです,解りますね?)のお仲間ではない。残念ながら。

先生の研究分野は生き物の脳の仕組み,それも出来ればニンゲンの脳の仕組みを明らかにしたいという野望を…どうも表現が世界征服方面に傾いて行くな。とにかくそれを解明するため,ニンゲンよりもずっと少ないニューロンで構成されている昆虫の脳を調べるため,カイコ蛾をサイボーグにしちゃうんである。

いや面白い面白い。

まず最初,カイコ蛾のオス(羽を動かす筋肉が退化してほとんど飛べない)がメスを追って移動する仕組みを説明。つまり彼の脳にはメスが空中に放ったフェロモンを感知しその情報をもとに足を動かして直進歩行,ジグザグターンを繰り返すことができる仕組みというか経路があるわけだ(キノコ体とか前運動中枢とかの専門用語は端折ってます)。

で,このオスを足を使って操縦できる二輪走行のロボットに固定する。するとカイコ蛾はこのロボットを器用に操り,より速く(?)メスのもとにたどり着けるようになる。そこでだ,先生達はイジワルにもロボットに細工をする。左右の車輪の回転速度を変えて,片方が’もう片方の4倍で回るようにしちゃうのである。当然,今までと同じ操縦をしてるとロボットは同じところでグルグル回るだけ。

さぁカイコ蛾のオスはこの難題を乗り越えれたか?

それは読んでのお楽しみ。この実験を経て研究の方向性に自信を持った一味のヒトビトは,遂にカイコ蛾に外科手術を施し,脳からの電気信号を差動二輪のロボットの駆動系に直結しちゃうのである。かくして常人…ぢゃない常蛾の数十倍の移動能力を持ったサイボーグ昆虫の誕生だ! 残酷? まぁ残酷かも知れぬが科学の発展に犠牲はつきものなのである。わくわく。

「サイボーグ昆虫、フェロモンを追う」をAmazonで検索。

posted by hiro fujimoto at 08:31| Comment(0) |