2018年10月02日

映画レビュー 「スカイスクレイパー」 ローソン・マーシャル・サーバー監督

スカイスクレイパー

香港。ひときわ高くそびえる超高層ビル「ザ・パール」が全館オープンへのカウントダウンを迎えている。旧友ベン(パブロ・シュレイバー)の紹介でこのビルのセキュリティ担当となったウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン)は元FBI。制圧部隊の隊長だった10年前,至近距離で爆弾犯人が自爆し,片足を失った彼にとって,これは最大のチャンスだ。

まだ誰も住んでいない98階の居室に妻サラ(ネーヴ・キャンベル)と娘のジョージア,息子のヘンリーを残して最上階に向かった彼はそこでこの巨大建築のオーナー,ツァオ・ロン(ロン・ジー - チン・ハン)に面会,建物全体のセキュリティシステムを司ることのできるタブレットを渡される。このタブレットは顔認証システムによりウィルしか操作できなくなっているのだ。

ツァオの元を辞し,ベンと共に食事に出かけたウィル。フェリーの船上でテロリストの一団に襲われる。腕に傷を負いカバンを奪われたが,気づかうベンにこれは無事だ,と胸ポケットに入れておいたタブレットを見せると,なんと彼はそのタブレットを奪おうとする。格闘の最中ベンの銃が暴発,致命傷を負ったベンはウィルに「逃げろ」と言い残して事切れる。

ベンの言葉通りシャ(ハンナ・クイリヴァン)率いるテロリスト・チームに襲われたウィル。スタンガンで気絶させられ,タブレットを奪われてしまう。朦朧とするウィルにカメラを向けてシステム起動に成功したシャは彼を殺そうとするが,駆けつけた警察と銃撃戦に。テロリストたちの狙いがパールであることを知ったウィルは混乱の中白バイを奪って妻子のもとへ。

同じ頃,パールには首領であるコレス(ローランド・ムーラー)指揮のテロリスト・グループが侵入,96階に発火剤を撒き火事を起こしていた。シャたちの目的は,この火災に対してビルのセキュリティ・システムが働かないようにすること,だった…。

超高層ビルを舞台にしたテロ,となればどうしても思い出すのは「ダイ・ハード」の第一作,なんだが,あれはもう傑作中の傑作なのでやっぱり比べるのは酷だよな。ドウェイン・ジョンソンは頑張ってるし,火災シーンはこれも名作「タワーリング・インフェルノ」を彷彿とさせる迫力(特撮技術が進歩してるからね)なんだが,惜しむらくはテロリストが「ダイ・ハード」のハンスほど賢くない。

とは言えそれは前述二作品と比べての話。なんだかやたらにC調(死語?)な予告編から受ける印象よりは数倍面白いので是非でかいスクリーンで観ていただきたい。


「スカイスクレイパー」公式サイト

posted by hiro fujimoto at 18:20| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: