2017年10月15日

秋華賞2017@京都競馬場

秋華賞2017@京都競馬場

牝馬三冠,最後の一つ秋華賞。こんなこと言っても詮無いと言えばそうだけど,皐月賞,ダービー,菊花賞が徐々に距離が長くなるのに比べ,この牝馬三冠目は距離もオークスより短いし,ちょっとなんつうか意図の見えない条件だよね。

とはいえ出走する18頭の中には,この2000mが初めての距離という馬もいる。そのうえこの天気,重馬場必至と思えばどうしても過去の実績に重きを置きたくなる。

というわけでやはりここは,オークスで軸に選んで(2着だったけど)馬券を取らせてくれた2枠4番モズカッチャンから。

相手はちょっと距離が長いんぢゃないかと思うけど,まぁ一番人気なので1枠1番アエロリット。オークス9着ながら2000m2着になったことがある3枠5番ブラックスピード。距離未経験ながらこれまでダートばかりを走ってきた5枠10番タガノヴェローナ,デビューから3連勝中の7枠13番リカビトス。そして2000mを連勝しているオークス4着ディアドラ。



3コーナーを回ったところでモズカッチャン,デムーロが仕掛けたときはしめたと思ったが最後の直線が長かった。ディアドラにまくられたのは仕方ないとして4枠7番リスグラシューにまでハナ差躱されたのは誤算。1着3着は悔しいのぉ。

posted by hiro fujimoto at 16:21| Comment(0) | 競馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: