2017年03月05日

映画レビュー 「ラ・ラ・ランド」 デミアン・チャゼル監督

ラ・ラ・ランド
なんだかかなり毀誉褒貶あるみたいだが,オレはこの映画ひょっとすると「ミュージカル映画」というものの新しい地平を開くかも知れないと思ったのである。説明が必要か。

ご存知のようにミュージカル映画というものは名作「雨に唄えば」など一部の例外を除き,ブロードウェイなどでミュージカルとして演じられ成功したものを『映画化』したものである。古くは「オズの魔法使い」から「サウンド・オブ・ミュージック」,「マイ・フェア・レディ」。近くは「オペラ座の怪人」,「レ・ミゼラブル」みんなそうだ。

なかには「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」みたいに,まず普通の映画として作られ(1961年),それをもとにしてハワード・アッシュマンとアラン・メンケンが1982年にミュージカルに仕立てて上演。これが当たったので1986年に「ミュージカル映画」としてリメークされたなんてのも。ついでに言うと1961年の映画には若い頃のジャック・ニコルソンが出てる。面白いよ。

で,元が舞台のものはもちろん,最初から映画であり映画界の話である「雨に唄えば」でさえ(未見のヒトのためにちょっとだけ明かすとこれは「ミュージカル映画を作る」というミュージカル映画なのね),その出自である「舞台としてのミュージカル」の頚木から自由でなかった,と思う。

もちろん「映画なんだから」と頑張った作品もあった。「マイ・フェア・レディ」の競馬場とか「オペラ座の怪人」の墓地とか。舞台の制約を離れ映画ならではの空間的広がりを演出しようという試みは,あった。けど,オレの記憶ではたしか,そこでは芝居は行われても歌と踊りは始まらなかった,と思うのだ。

この映画は違う。最初から「ミュージカルではなくミュージカル映画」として企画され,脚本が練られ,絵コンテが起こされ(もちろんコンピュータ・グラフィックスを駆使しての)撮影が行われているため,空間に,そして時間にも制約がないのだ。

冒頭のハイウェイでのモブ・ダンスで「ひょっとしてそういう映画なのか?」と思い,続くパーティのシーン(ダンサーが次々とプールに飛び込む。しかも水中にカメラが)で「たぶんそうだ」と。そして主役の男女がこともあろうにミュージカル映画のなかでミュージカルでもない映画(「理由なき反攻」)を観に行ってしまうに及んで確信に変わった。

オハナシは別に目新しくない男女の出会いと別れなのでここでアラスジを追う必要もあるまい。そのオハナシが古くさいとか,ダンスの出来がどうだとか,主人公の音楽のセンスが云々とか,そういうのは瑣末なことだ。ひょっとしたらデミアン・チャゼルのこれは「ミュージカル映画の再発明」なのかも知れないんだから。

で,これにブロードウェイはどう逆襲するんだろ。楽しみだなぁ。


「ラ・ラ・ランド」公式サイト


※ 上のように書いてましたがあのハイウェイのシーンを含めほとんどCGはないんだそうで仰天しながら訂正させていただきます。
posted by hiro fujimoto at 13:46| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: