2016年09月30日

ブックレビュー 「サイボーグ昆虫、フェロモンを追う」 神崎亮平著

サイボーグ昆虫、フェロモンを追う
サイボーグ昆虫である。昆虫サイボーグではない。どっちが先かで明確に意味が変わるわけぢゃないんだが,「昆虫サイボーグ」っていうとなんだか仮面ライダーみたいだからな(知らないヒトがいるといけないので一応付記しておくと最初の仮面ライダー,本郷猛は「バッタ男」である)。

著者・神崎先生とその一味(失礼)がサイボーグ昆虫を作ったのは,もちろん世界を征服するため…ではない。そもそも神崎先生は昆虫学者ではない。子どもの頃はムシが怖くて触れなかったそうで,つまりガキのころムネアカオオアリだのジグモだのギンヤンマだのを追いかけて暮らしてたオレやあなた(あなたです,解りますね?)のお仲間ではない。残念ながら。

先生の研究分野は生き物の脳の仕組み,それも出来ればニンゲンの脳の仕組みを明らかにしたいという野望を…どうも表現が世界征服方面に傾いて行くな。とにかくそれを解明するため,ニンゲンよりもずっと少ないニューロンで構成されている昆虫の脳を調べるため,カイコ蛾をサイボーグにしちゃうんである。

いや面白い面白い。

まず最初,カイコ蛾のオス(羽を動かす筋肉が退化してほとんど飛べない)がメスを追って移動する仕組みを説明。つまり彼の脳にはメスが空中に放ったフェロモンを感知しその情報をもとに足を動かして直進歩行,ジグザグターンを繰り返すことができる仕組みというか経路があるわけだ(キノコ体とか前運動中枢とかの専門用語は端折ってます)。

で,このオスを足を使って操縦できる二輪走行のロボットに固定する。するとカイコ蛾はこのロボットを器用に操り,より速く(?)メスのもとにたどり着けるようになる。そこでだ,先生達はイジワルにもロボットに細工をする。左右の車輪の回転速度を変えて,片方が’もう片方の4倍で回るようにしちゃうのである。当然,今までと同じ操縦をしてるとロボットは同じところでグルグル回るだけ。

さぁカイコ蛾のオスはこの難題を乗り越えれたか?

それは読んでのお楽しみ。この実験を経て研究の方向性に自信を持った一味のヒトビトは,遂にカイコ蛾に外科手術を施し,脳からの電気信号を差動二輪のロボットの駆動系に直結しちゃうのである。かくして常人…ぢゃない常蛾の数十倍の移動能力を持ったサイボーグ昆虫の誕生だ! 残酷? まぁ残酷かも知れぬが科学の発展に犠牲はつきものなのである。わくわく。

「サイボーグ昆虫、フェロモンを追う」をAmazonで検索。

posted by hiro fujimoto at 08:31| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: