2016年05月31日

映画レビュー 「テンペスト」 ジュリー・テイモア監督

テンペスト
ジュリー・テイモア監督がシェイクスピアを撮るのは「タイタス」(原作は「タイタス・アンドロニカス」)以来。あれが「シェイクスピア作品中もっともショッキング」であれば,今度はシェイクスピア最後の作品で最高傑作とも言われる「テンペスト」である。

いや,上の「最高傑作とも言われる」つうところはまぁチラシにある宣伝文句の受け売りで,オレ自身がそう思ってるわけぢゃありません。つかオレ,シェイクスピア全作品を読んだわけでもないし。ただ,この「テンペスト」はなぜか学生の頃に読んでて,その掟破りなラストに,ひゃあ,シェイクスピアって筒井康隆みたいと思った憶えが。

12年前,ミラノ大公だった実の姉プロスペラ(ヘレン・ミレン…原作ではプロスペロー,男です)を陥れ,当時3歳だったその娘ミランダ(フェリシティ・ジョーンズ)と共に絶海の孤島に追放しその地位を奪ったアントーニ(クリス・クーパー)は,その陰謀に加担したナポリ王アロンゾー(デヴィッド・ストラザーン)らと共に嵐の海で遭難する。

実はこの嵐は復讐に燃えるプロスペラが配下の妖精エアリアル(ベン・ウィショー)に命じて彼らに見せた幻覚,彼らは衣服も濡れぬままいくつかのグループに分かれて島のあちこちに流れ着く。

皆とはぐれて一人きりにされたナポリの王子ファーデナント(リーヴ・カーニー)は,ミランダに出会って互いに恋に落ち,その父アロンゾーと野心溢れる弟セバスチャン(アラン・カミング),12年前プロスペラの命を救った賢人ゴンザーロー(トム・コンティ)と共に森を行くアントーニは,エアリアルの術で突然眠りに落ちた王と賢人を見て悪心を起す。

島の反対側ではプロスペラに島を奪われ,以降その奴隷としてこき使われている怪物キャリバン(ジャイモン・フンスー)が道化師トリンキュロー(ラッセル・ブランド)と酔っ払いの酒蔵係ステファノー(アルフレッド・モリナ)と遭遇。酒を飲まされたキャリバンはこの「神の水」にすっかり魅了され,ステファノーにプロスペラを殺して代わりに島の主になってくれと懇願する…。

「タイタス」でもそうだったんだが,単に「戯曲を映画に翻案する」のではなく「戯曲を戯曲のまま映画にする」というテイモアの方法論…いささか古めかしく聞こえる修辞に満ちた台詞回しや,舞台と同じように当の相手の面前で視線をそらし「…するつもりだな」というぐあいに喋る独白などの表現に違和感を覚えるか異化効果を感じるかが評価の分かれ目かな。

ワタシは後者なんだけど一個だけ残念だったのは,上にも書いたように読んだ時オレが「筒井康隆か」(考えてみれば筒井先生のほうが「シェイクスピアか」なんだけど)と思ったメタフィクショナルな結末が歌でごまかされていたこと。ま,ライブである演劇と記録(レコード)である映画との違いと言えばそれまでなんだけど,これぢゃ知らないヒトにはこの戯曲のホントの凄さが伝わらねぇぢゃん,と。

「テンペスト」をAmazonで検索

posted by hiro fujimoto at 09:33| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: