2016年05月20日

映画レビュー 「キラー・インサイド・ミー」 マイケル・ウィンターボトム監督

KillerInsideMe
時は1950年代,テキサスの田舎町セントラルシティで保安官助手を勤めるルー・フォード(ケイシー・アフレック)は,ある日保安官のボブ(トム・ボウアー)に頼まれ,最近越してきて町外れで商売をしている娼婦ジョイス(ジェシカ・アルバ)の元を訪れる。

この町での売春は違法だ,明日の朝までに出ていってくれ,と穏やかに告げるルー,しかし激高したジョイスにその頬を張られると,子供の頃に封印し自分でもすっかり忘れていたルーの中の暴力が目を覚ます。ジョイスをベッドに抑え付け,ミミズ腫れができるほどベルトでその尻を叩いたあと,我に返ったルーが謝罪の言葉を口にすると,ジョイスは潤んだ目で「謝らないで」とその唇を塞ぐのだった。

エイミー(ケイト・ハドソン)という長い付き合いの恋人がいながら急激にジョイスにのめり込んでいくルー。そんな彼にジョイスはある計画をもちかける。町の有力者チェスター・コンウェイ(ネッド・ビーティ)の一人息子エルマー(ジェイ・R・ファーガソン)が彼女に夢中になっている,彼に駆け落ちを持ちかけてコンウェイ家から大金をむしり取ろうというのだった。

時を同じくしてコンウェイ社と対立する組合の大物ロスマン(イライアス・コティーズ)から,チェスターが,少年の頃自分の罪を被ってくれた義兄マイクの死に関わっていると聞かされたルーは,ジョイスとエルマーを痴話げんかが高じての殺し合いに見せかけて殺害するのだが…。

原作はジム・トンプソンの「おれの中の殺し屋」,ジム・トンプソンと言えばキューブリックの「現金に体を張れ」や「突撃」の脚本を書いた他,小説「ゲッタウェイ」,「グリフターズ」などが映画化,「鬼刑事アイアンサイド」はテレビシリーズになったが,この映画の主人公ルー・フォードの雰囲気は「ポップ1280」のニック・コーリーと重なる…つか,見てるうちにケイシー・アフレック主演の「ポップ1280」を観たくてたまんなくなりました。

いわゆるノワール系なので水戸黄門的勧善懲悪を希求するヒトにはあんまりお勧めできないけど…うん,傑作だと思うよん。

「キラー・インサイド・ミー」をAmazonで探す
posted by hiro fujimoto at 22:44| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
おぉ!ケイト・ハドソン…久々に目にしました.

“あの頃、ペニー・レインと”以来ですが、「綺麗なオネイサン」が「綺麗なミセス」になった感じですね.
Posted by ライ麦 at 2016年05月21日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: