2018年05月21日

映画レビュー 「イカリエ-XB1 デジタル・リマスター版」 インドゥジヒ・ポラーク監督

イカリエ-XB1
1963年。共産主義体制下のチェコ(当時はチェコスロバキア)で作られた本格SF映画。これは2016年に修復されたそのデジタル・リマスター版である。

舞台は22世紀後半,宇宙船イカリエ-XB1は太陽系にもっとも近い恒星系であるアルファ・ケンタウリを目指して生命探査の旅に出発する。帰還は15年後の予定だが,宇宙空間を高速で移動する40名の乗組員はその間2歳ほどしか年を取らない。

ある日乗組員の一人シュティフィーが妊娠していることが発覚。彼女は夫ミレクと共に乗船したいたが,妊娠を理由に妻レナを地球に残してきた副艦長マクドナルド(ラドヴァン・ルカフスキー)は動揺する。艦長アバイェフ(ズデニェク・シュチェパーネク)は彼を慰め,宇宙での出産という人類初の経験をするシュティフィーをみんなで支えようと諭す。

数ヶ月後,数学者アントニー(フランチシェク・スモリーク)の誕生パーティの最中に緊急事態のアラートが響く。船のレーダーが,すぐ近くに浮かんでいる正体不明の宇宙船を発見したのだった。アバイェフは二人の乗組員を探査シャトルで送り込むのだが…。

既視感があるエピソードが積み重ねられる展開はなんというか「『スター・トレック』の数話分を続けて見せられているような感じ」なんだが,前述のようにこちらの方が「スター・トレック」にかなり先行して作られたもの。なので我々が劇中の事件に感じる既視感は逆で,実はこっちがオリジナルなのである。うーんスゴい。

すべてのSF映画ファン(特にハード系が好きなヒトね)必見。新宿シネマカリテで5月19日土曜からやってます。

「イカリエ-XB1」公式サイト

posted by hiro fujimoto at 08:27| Comment(0) | 映画

2018年05月20日のつぶやき




posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記