2018年01月07日

映画レビュー 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」 ライアン・ジョンソン監督

スター・ウォーズ 最後のジェダイ
やれやれ,公開まもなく観に行ったんだが,レビュー書きそびれているうちに毀誉褒貶,「これぞボクらの待ってたスター・ウォーズ」という声と「あんなものはスター・ウォーズではない」という声とがネット上に飛び交ってなんだかとっても書きにくくなってしまった。

が,書きますオレも整理したいので。

まずネタバレにならぬ範囲でストーリーを追っておくと,前作の事件ののちレジスタンスへの攻勢を強めたファースト・オーダー。大艦隊を率いてレイア(キャリー・フィッシャー)たちが拠点としている惑星ディガーに侵攻してくる。

跳ねっ返りのパイロット,ポー(オスカー・アイザック)らの活躍もありなんとか先頭のドレッドノートを撃沈,部隊はハイパースペースに逃げ込むが,敵の指揮官ハックス(ドーナル・グリーソン)はその船を追尾する用意を整えていた。

同じ頃,ミレニアム・ファルコンに乗って伝説のジェダイ・マスター,ルーク(マーク・ハミル)のもとを訪れたレイ(デイジー・リドリー)は,彼にジェダイへの指導を拒否されて当惑。ルークはかつて彼のもとで修行していたカイロ・レン(アダム・ドライバー)のダークサイドへの傾斜を止められなかったことを悔いていた。

が,そのレンが実の父親であり自身の戦友であったハン・ソロを殺したことを知ったルークは,彼を止めるべくレイを鍛えることを決心する。彼の教えでレイは日に日にその力を向上させていくが,彼女の心には一度剣を交えたレンからの呼びかけが届いていた…。

と,これがまぁメインのストーリーラインなんだが,これに並行して進むいくつかの支線の出来がイマイチというか,メインとトーンが合わないというか,細部が雑と言うか,つまりはディズニー映画になったんだよねみたいな感じで全体に散漫な印象を残す。

ネット上でどなたかが「映画としては駄作だけど『スター・ウォーズ』としては傑作」みたいなことを書いていたが,ワタシもそう思う。これに頷けない人はつまりワタシより「スター・ウォーズ」への思い入れが強いんだと思う。

これまでの7本だって全部傑作だったわけぢゃねぇぢゃん?


「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」公式サイト

posted by hiro fujimoto at 10:22| Comment(0) | 映画

2018年01月06日のつぶやき




posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記