2017年06月04日

安田記念2017@東京競馬場

安田記念2017@東京競馬場

安田記念と言えば思い出すのは2008年の秋葉原通り魔殺傷事件である。あの日,月曜日からサンフランシスコで開かれるWWDCに出発するため山手線で日暮里(ここからスカイライナーに乗る)に向かっていたオレは,ちょうどあの事件が起きた前後にあの交差点が見える窓の前に立っていたはずなのだ。

が,視線はそちらには行かず手に持った安田記念の出馬表に…。事件のことをしったのはなんとサンフランシスコに着いてからだった。ついでに言うとナリタのラウンジからログインして買った馬券は外れてたっけ。

今年の安田記念,マイル王モーリスが引退し本命不在。一番人気になっているのは7枠15番イスラボニータ。鞍上はGI を3連勝中のルメールだし,人気になるのはわかるが,さすがに4連続はないんぢゃないかと。周りの騎手にだって意地ちゅうもんがあるだろうし。

そこでオレが本命に選んだのは前走マイラーズカップでイスラボニータの2着だった4枠8番エアスピネル。これまでのマイル戦ではすべて連に絡んでいる安定感もあるし,鞍上武豊も相当気合いが乗ってるみたいだし。

で,相手。まぁオッズは低いけどイスラボニータは外せないとして,あと不気味なのは格下とは言え目下5連勝中,マイル戦に限っても4連勝中というグレーターロンドン。「モーリスが出ないなら」てんで(ホントにそう言ったらしい)香港から参戦したコンテントメントとビューティオンリー。そしてまさかのトーキングドラム。



レースは昨年の勝者ロゴタイプ(このレース勝ってからまったくのダメダメなのでノーマークだったんだが)が逃げてペースを作り,そのまま逃げ切るかというところ,外からまくってきた7枠14番サトノアラジンに差されてフィニッシュ。3着レッドファルクス,4着グレーターロンドン,5着のエアスピネルは第4コーナーから内に包まれてしまって出るところがなかった。

posted by hiro fujimoto at 16:24| Comment(0) | 競馬

2017年06月03日のつぶやき






posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記