2017年06月01日

映画レビュー 「夜空はいつでも最高密度の青色だ」 石井裕也監督

夜空はいつでも最高密度の青色だ

「舟を編む」の石井裕也監督の新作。2006年の現代詩手帖賞受賞者,最果タヒの4冊目の詩集「夜空はいつも最高密度の青色だ」が「原作」である。え,詩集が原作? と思ったでしょ?

もちろん「原作」の詩集にはストーリーはないので,この映画の物語は脚本も書いた石井裕也の創作である。なんというか,この詩集の言語世界が醸し出すニュアンスを映像化するためのストーリー? それが原作なのかといぶかる向きもあろうが,監督が「原作」としてクレジットしてるんだからそれでいいんだろ。

美香(石橋静河)は看護師,夜はガールズバーでアルバイトをしている。ある日その店にやってきたのが建設現場で日雇いとして働く慎二(池松壮亮),智之(松田龍平),岩下(田中哲司)の3人。慎二は無意味な言葉を連ね,岩下は酔う。いちばん世慣れた様子の智之が美香から電話番号を聞き出す。

昼下がりの現場,あれから美香と何度か逢ったことを楽しげに話していた智之が突然倒れる。そのまま息を引き取った彼の葬式,現れた美香は感情に押しつぶされそうになりながら「オレにできることがあれば」と言い出した慎二に「死ねばいいのに」と答える。

それからしばらくして,現場で怪我をした慎二は最寄りの病院に行って看護師姿の美香を見つける。声をかけ「また逢えないか」という彼に美香は「メールアドレスだけなら教えてもいい」と…。

早い話ベースは「ボーイ・ミーツ・ガール」なわけだが,この言葉から連想される…なんつか「ビバリーヒルズ高校白書」めいた明るさは微塵もない。美香も慎二もそれぞれの内にどうにもならない屈託を抱え,絶望と隣り合わせで生きている。

そんな映画のトーンに「ズブの素人」で「右も左もわからない状態」である石橋静河が誂えたようにハマっている。けして美人ではないが,美香というキャラクターにこれ以上ないリアリティを与えていて吉。美香の死んだ母親役でオガシラさんこと市川実日子も出てるよ(「シン・ゴジラ」クラスタ向け)。


「夜空はいつでも最高密度の青色だ」公式サイト

posted by hiro fujimoto at 17:52| Comment(0) | 映画

2017年05月31日のつぶやき










posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記