2017年04月09日

桜花賞2017@阪神競馬場

桜花賞2017@阪神競馬場

3歳クラシックの幕開け,桜花賞。前売りオッズでは阪神ジュベナイルフィリーズの勝馬ソウルスターリングが圧倒的な一番人気(毎日新聞夕刊で1.1倍)。オレの馬券買いのセオリーからいうとやはりここまでの一本カブリは軸にせざるを得ません。

しかしこんな風に人気が偏る場合,往々にして2着に「え?」という馬が来てでかい穴を開けるもんである。いちおう二番人気7枠15番アドマイヤミヤビへの馬券は押さえたうえで伏兵探しに夢を見たい。

まず目に付いたのが1枠2番ライジングリーズン。ここまでマイル戦ばかりで3勝1敗。勝った新馬戦が稍重だったつうのもちょっと心強い。それになんつってもあのキングカメハメハの孫だし。

それから4枠8番カラクレナイ。これまで使われたのは全部140mで1600mは初めてだが,3勝のうち2勝が阪神でというのがカギかと。

最後にこれが秘密兵器大外8枠18番のカワキタエンカ。おそらくこの馬が逃げてレースを作ると思うのだが,重馬場,あるいは稍重と予想されるこのレース,3歳牝馬にはペース配分が難しい。ひょっとするとこの馬の逃げ残りってのがあるかも。



蓋を開けて見ると予想が当たったのはカワキタエンカが逃げたことだけ。頼みのソウルスターリングは直線で伸びず,まくったのは10番レーヌミノルと6番リスグラシュー。この2頭がいなければソウルスターリング〜カラクレナイだったんだが(言っても虚しい。

しかしソウルスターリングの敗因ってはっきり馬場だよな,重いの全然向いてない。最近の新聞は馬の「重馬場適性」が全部「○」なんだけど,だったらそんな欄要らねぇぢゃねえか,とせめてもの悪態をついておく。

posted by hiro fujimoto at 16:34| Comment(0) | 日記

2017年04月08日のつぶやき






posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記