2017年02月18日

ブックレビュー 「ゴースト・スナイパー」 ジェフリー・ディーヴァー著

ゴースト・スナイパー四肢不随の天才科学捜査官リンカーン・ライムもこれでシリーズ第10作目である。いや,これを書いてる時点ですでに11作目の「シャドウ・ストーカー」も出版されており,しかも白状するとそれを10作目だと思って先に読んでしまったりしてるのであるが,やはりブログで紹介するなら発表順だと思って急いでこっちを読んだのである。

リンカーンの住むニューヨーク,マンハッタンの遥か彼方,中米パナマ,ナッソー市内のホテルに滞在中だった一人のアメリカ人ロベルト・モレノが何者かに狙撃される。銃弾は部屋の窓ガラスを粉砕し,同じ部屋にいた彼のブラジル人のボディガード,そして反米活動家として著名な彼をインタビューしに訪れていたプエルトリコ人の記者を巻き添えにした。

事件の6日後,リンカーンはニューヨーク州地方検事補ナンス・ローレルの訪問を受ける。彼女はこれが米国の公的機関NIOS(国家諜報運用局)による暗殺であり,しかもモレノは単に反米的な意見を発表している論客でであるだけでテロリストではなかったという内部告発を受け,NIOS長官シュリーヴ・メツガーを起訴するための調査を依頼しに来たのだった。

例によって「魅惑的」な事件に餓えていたリンカーン,相手が連邦政府の高官と聞いて身を乗り出す…ことはできないんだっけ,闘志を燃やす。さっそくナッソー の警察当局に連絡を取り,現場で採取された微細証拠の提供を要請するのだが,この殺人事件,あちらでは既に麻薬カルテルの仕業として片づけられていた。

次にリンカーンは被害者モレノがナッソーに飛ぶ前,ここニューヨークで数日間を過ごしていたことに着目。彼が雇ったリムジンの運転手を探し当てたアメリアが彼と長い時間を供にしていたリディアという女性の存在を突き止める。一方,ナッソー警察との折衝に業を煮やしたリンカーンは遂に自らパナマへ飛ぶことを決心するのだが…。

この,リンカーンのパナマ行きがこの作品のサワリなんだが,とにかく当面の「敵」が政府機関であったり,被害者殺害の動機が「テロ防止」であったりという辺りにこれまでのシリーズにはなかった歯切れの悪さみたいなものが生じていて,ちょっともにゃもにゃっとした読後感が残るが,まぁこのシリーズに求められる「水準」はクリアしてるかな。

ちょっと微妙な言い回しになったのは冒頭にも書いたこれの次「スキン・コレクター」が文句なしの傑作だからでもあるんだけど。


「ゴースト・スナイパー」をAmazonで検索

posted by hiro fujimoto at 11:13| Comment(0) |

2017年02月17日のつぶやき












posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記