2017年02月05日

ブックレビュー 「シャドウ・ストーカー」 ジェフリー・ディーヴァー著

シャドウ・ストーカー
ジェフリー・ディーヴァー作,四肢不随の天才鑑識官リンカーン・ライムのシリーズからスピンオフした,CBI(カリフォルニア州捜査局)に所属するキネシクスの天才・キャサリン・ダンスが主人公のシリーズ第3作。

趣味でメキシコを始めとするラテン音楽を紹介するサイトを運営しているダンスは,休暇を利用してカリフォルニア州中部,フレズノ近辺に音源収録に出かける。

目的はもうひとつ,友人でもあるフレズノ出身のカントリー歌手,ケイリー・タウンに逢うこと。ケイリーは毎年この時期にゆかりのある地元のホールでコンサートを開くことにしているのだった。

が,そのケイリーはダンスとの再会を喜ぶどころか傍目にもわかるほど動揺していた。彼女の熱心なファン転じてストーカーになってしまったワシントン州の青年,メールアドレスを変更してもなんらかの方法で新しいアドレスをつきとめ数十通,数百通におよぶメールを送り付けてくる男エドウィンがこの街に来ているというのだ。

休暇中ではあるものの伝手をたどってトラブル対策に協力を約束したキャサリン。しかし翌朝予想もしない事態が発生する。ケイリーのロードクルーでデビュー以前からの親しい友人でもあるボビー・プレスコットがコンサート会場の奈落で,照明の下敷きになって発見されたのだ。

ケイリー周辺の話から当然のごとくエドウィンを疑う地元警察。しかしこのエドウィンという青年,ただの頭のおかしいdファンではなかった。その頭の良さにいち早く気づいたキャサリンは,捜査の指揮を執る刑事課長マディガンに警告を発するが,それをマスコミの耳目を集める事件ゆえの管轄外への介入と受け取った彼はエドウィンの仕掛けた罠に落ちてしまう。

相変わらずのディーヴァー節というか,中盤から終盤にかけてこれでもかこれでもかとどんでん返しが繰り返される展開はジェットコースター的に楽しい。その昔,作家の道を選ぶかミュージシャンになるか迷った,というディーヴァーオリジナルの(作中ではもちろんケイリー・タウン作となっている)歌詞が事件のカギとなる趣向も吉。

「シャドウ・ストーカー」をAmazonで検索。



posted by hiro fujimoto at 12:52| Comment(0) |

2017年02月04日のつぶやき






posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記