2017年02月21日

2017年02月20日のつぶやき








posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記

2017年02月20日

2017年02月19日のつぶやき








posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記

2017年02月19日

フェブラリーステークス2017@東京競馬場

フェブラリーステークス2017@東京競馬場


2017年最初のGTレース,フェブラリーステークスである。舞台は府中の東京競馬場,ダート左回り1600m。

人気は2枠3番ゴールドドリーム,5枠10番カフジテイク,3枠6番モーニン辺り。だが正直言ってモーニン以外の2頭はなんで人気になるのかよくわからない。

ゴールドドリームの前走は中京で行われたチャンピオンズカップ(ダート1800m)で12着。コーナー4つの狭いコースだっつったって12着ですよ。なんでそんなに期待できるの?

カジフテイクはその同じチャンピオンズカップで4着,そのあともう1レース根岸ステークス(ダート1400m)に出走してこちらは勝っているわけだが,これまで1600以上の距離で勝ち鞍なしに加えここに来て斤量も1kg増しである。文字通りちょっと荷が重くないか?

そこでモーニンである。昨年このレースをレコード勝ちしたあといまひとつ波に乗れず,前走チャンピオンズカップでも7着に終わっているが,なんと言ってもまだ5歳である。やはりここで軸にするのはこの馬だろうと。

相手,人気はオレの知らない強みの現れかもしれないので前述2頭は買う。あと気になるのがチャンピオンズカップでこれらのメンツを全員まとめて破っている1枠1番の7歳騸馬サウンドトゥルー。いくら馬場条件に差があるとは言え軽視はできまい。もう1頭,6枠11番,昨年の2着馬ノンコノユメ。

この4頭に流してみる。どやっ?



うーん,モーニンには今日の馬場は乾燥しすぎだったか。レースは4コーナー廻るまでほぼ差の無い状勢でまず抜け出したのが5枠9番の7歳馬ベストウォーリア,これをゴールドドリームが追ってマッチレース。最後はゴールドドリームが首差で勝利。3着に最終オッズで1番人気になったカフジテイク。

勝負が決まってから気がついたんだけど,ゴールドドリームの鞍上デムーロは昨年モーニンに乗ってこのレース勝ったそのヒトぢゃないか。デムーロがモーニンよりゴールドドリームを選んだ…と考えてればなぁ,後の祭り。



posted by hiro fujimoto at 16:06| Comment(0) | 競馬