2017年01月04日

映画レビュー 「ドント・ブリーズ」 フェデ・アルバレス監督

ドント・ブリーズ
かつて隆盛を誇った自動車産業の空洞化により人口減少が続くミシガン州デトロイト,失業率,貧困率が高止まり,全米有数の犯罪都市となったこの街に住む3人の若者,ロッキー(ジェーン・レヴィ),アレックス(ディラン・ミネット),マニー(ダニエル・ソヴァット)。

警備サービス会社に勤めるアレックスの父親のところから顧客の警報器をオフするリモコンを持ち出しては小さな盗みを繰り返しているが稼ぎはわずか。幼い妹と共にこの街を出てカリフォルニアに行く,という夢を持つロッキーはその資金が思うように貯らないことに焦っている。

そんなある日,マニーが盗品の故買屋から耳寄りな話を仕入れてくる。イラク戦争に出征して視力を失った老人が郊外の荒れた地区で一人暮らしをしている。娘が一人いたが大金持ちの車にひき殺され,彼は莫大な示談金を受け取った。銀行を信用しておらず金は自宅にあるはず。そしてその家は,アレックスの父親の会社と契約している…。

ロッキーとマニーはこれまでとは段違いの大きな仕事に尻込みするアレックスを説得。老人の飼う犬を眠らせ,首尾よく家に忍び込むが,異常に(ある意味当然かとも思うけど)耳のいい老人に気づかれてしまう。こうなれば脅して金を出させようと銃を出すマニー,しかし相手は盲目ながら元は優秀な兵士,あっという間に銃を奪いとりあっさり彼を撃ち殺してしまう。

マニーは残りの二人のことを口にしておらず,音さえ立てなければ老人に存在を気づかれることはない。そう思うアレックスとロッキーだが,この状況でそんなことができるほど冷静でいられるはずもなく…そして追われるうちこの老人の恐るべき秘密があきらかに…。

88分と短いが中身は濃い。つうか怖い。手に汗握るとはこのこと。この目の見えない老人(つっても筋骨隆々なんだけど)の動きが,カツシン座頭市みたいに「まるで見えてるような」ものではなく,ホントに見えないんだなとおもわせるとこがなんつかシミジミ怖いのである。

彼を相手に暗がりや遮蔽物は意味をなさない。生き残る唯一の道は「音を立てないこと」。てなわけで直訳すると「息しちゃ駄目!」つうタイトルになるわけだがこの言葉,まるで観客に向けてのようである。ラストシーン,観客席のあちこちから溜めてた息を吐く音が聴こえた,ホントです。


「ドント・ブリーズ」公式サイト

posted by hiro fujimoto at 08:14| Comment(0) | 映画

2017年01月03日のつぶやき








posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記