2016年11月25日

映画レビュー 「予告犯」 中村義洋監督

予告犯
インターネットで始まった生中継。場所はどこぞのネットカフェか。映っているのは、Tシャツを身につけ,新聞紙で作った覆面を被った男。自らをシンブンシと名付けた彼は、ネットで炎上中の人物を取り上げその行状をあげつらったのち、こう言い放つ。

「明日の予告を教えてやる。こんなヤツには制裁だ。」

店の設備でゴキブリを揚げたバイトはホントにゴキブリのフライをほおばらされ、レイプ被害者を自業自得と言い放った大学生は尻にバイブを突っ込まれた。そして、食中毒を詫びる記者会見で傲慢な態度を取った食品企業会社の工場は放火された。しかもそれらはすべて「予言の実行」としてネットで生中継されたのだった。

捜査に乗り出した警視庁サイバー犯罪対策課のリーダー、吉野絵里香(戸田恵梨香)はシンブンシが同じTシャツ,覆面をした複数の男たちであり、彼らがいつも「中継」を行うのに使用しているネット・カフェが同じチェーン店であることまで突き止めたが…。

事件の進行・展開に並行し、シンブンシ・グループの来歴が語られる。

リーダー格の「ゲイツ」こと奥田孔明(生田斗真)は元派遣のプログラマー、正社員になれるはずの3年目を目前に、雇い止め目的のイジメに遭って身体を壊し失職。2年間の闘病ののち職探しの末に行き着いた産廃処理場のタコ部屋で仲間達に出会う。

その仲間達、元バンドマンのカンサイ(鈴木亮平)、ニートのノビタ(濱田岳)、小心者のメタボ(荒川良々)らも皆、ゲイツと似たような経緯で社会から落ちこぼれた者達。一緒に働いていた日系フィリピン人・ヒョロ(福山康平)の病死に対する雇い主の態度に逆上し、彼を撲殺して処理場を焼き払った4人はある「狙い」を秘めてこの計画を始めたのだった。

原作が漫画だけあって(読んでないけど)、人物造形が戯画的過ぎるきらいがあるが(でもそう描かないとこの話、進まないしなぁ),それを含む細かな瑕疵をものともせずにグイグイ物語を牽引していく演出はさすが中村義洋。でも最後のアレはちょっと、強引すぎかな?

この映画を観てきた数日後の2015年6月19日、派遣の不安定な雇用状態を固定化すると批判の多かった派遣法改正案が衆院を通過した。この映画自体が「明日の予言」にならないといいがなぁ。

「予告犯」をAmazonで検索。


posted by hiro fujimoto at 09:35| Comment(0) | 映画

2016年11月24日のつぶやき




posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記