2016年09月09日

ブックレビュー 「泡沫桀人列伝 知られざる超前衛」 秋山祐徳太子著

泡沫桀人列伝 知られざる超前衛
1995年だからもう21年も前になる。目黒区立美術館で「戦後文化の軌跡1945-1995」という展覧会が開かれ,当時一緒に仕事をしていたプロデューサの故サトーマサヒロ(第二次UWFで舞台監督をしてた男)と見に行った。

そこに「秋山祐徳太子の都知事選ポスター」というのが展示されておってね,おお,と懐かしく切なき当時を思い出し,そう云えばあのヒトは今頃どうしているのだろう,としばし二人で昭和回顧に耽ったのであった(横尾忠則デザインの,「少年マガジンの表紙絵葉書」も買っちまった)。

その秋山祐徳太子がオレの知らない間に(って別にオレに知らせる義理はないんだが)「週刊読書人」にコラムを連載しており,これはそれを一冊にまとめて出版したもの。簡単に言えば,秋山氏がいままでに出会った,彼云うところの「泡沫な」人たち50名の恐れ入る人生を紹介する,という企画なのだがこれがおかしい。

ほんまにこんなヒトがいるのかいな,という奇人変人のオンパレード,多くは著者と同じ美術家,芸術家だが,ひょっこり鰻屋の親父さんとか西原理恵子のマンガで有名人になってしまった白夜書房の「パチンコ必勝ガイド」末井編集長とかが混じっている。

しかしなんと云っても圧巻は75年の東京都知事選挙を共に闘った3名の候補者達である。あ,知らないヒトのために予備知識を補足すると,75年のこの選挙は石原慎太郎が現職・美濃部亮吉に挑んで返り打ちにあった,現都知事の「青春の蹉跌」,「二十歳の原点」,「復讐するは我にあり」の選挙なのね。

月満ち星流れた後に都知事になったイシハラ氏の基本方針が「フクシは削れ,ギャンブルを復活しよう」だったのは理念でも何でもなく,単にあの時ミノベが「ギャンブルを廃止しフクシを頑張ります」と言ってたせいだ(当時ワタシの叔母は都営のギャンブルを廃止するってんでミノベを支持してた,憶えてます)。そういう意味では実に分かりやすいヒトなのである。

閑話休題(どっちが閑話だ?),もちろんイシハラだミノベだという当選したり当選するかもしれなかったり数十年後にリベンジを果たしたりするようなヒトは,泡沫桀人列伝にその名を挙げられる資格がない。ここに紹介されているのは窪田志一,鈴木東四郎,吉田浩の各氏である。それぞれあの秋山祐徳太子が「これらの方々をさしおいてワタシは泡沫を名乗れない」という見事な泡沫振りであり,特にチンダレ窪田氏の活躍は笑いを通り越して感動の涙を招来せずにおかぬほど(ちょっとだけ誇張あり)。

行政執行者なんぞになりたいわけではなく,最初から「泡沫候補者」に憧れて都知事選に2回出馬したという泡沫のソムリエ,前衛芸術家秋山祐徳太子入魂の一冊。巻末には赤瀬川原平,山下裕二との「泡沫鼎談」も収録。

「泡沫桀人列伝 知られざる超前衛」をAmazonで検索。


posted by hiro fujimoto at 08:07| Comment(0) |

2016年09月08日のつぶやき
















posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記