2016年09月03日

ブックレビュー 「最後の証人」 柚月裕子著

最後の証人
7年前,三森市の郊外で内科クリニックを開いている医師・高瀬光治は一人息子の卓を交通事故で失った。当時小学5年生,自転車で塾に行った帰り道のこと。卓の後ろを走っていた親友の直樹は「信号は青だったし自動車を運転していた男からは酒の匂いがした」と証言したが警察はなぜかこれに取り合わず,卓の一方的な過失として処理された。

当然ながら納得のいかない高瀬は警察に怒鳴り込み,そこで事故を起こした男・島津邦明が県の公安委員長を勤め,地元ロータリークラブの副幹事,NPO法人のゴルフクラブの顧問,他にもさまざまな肩書きを持つ島津建設代表取締役であったことを知る。しかもこの男は卓に線香の一本を上げに来ることもなく,事故処理はすべて保険屋まかせだった。

それでも諦めきれず共にビラを作って目撃者を探す高瀬夫婦。そんな彼らを次なる不幸が襲う。妻の美津子に治療困難な胸腺癌が発見されたのだ。自暴自棄になって呑みに出た高瀬は,偶然入ったバーで息子の仇・島津を見かける。ホステスを周囲に侍らせて上機嫌の彼はクルマで迎えに来た息子に向かい卓の事故について軽口を叩いた。

帰宅して怒りをぶちまけた高瀬に美津子はひとつの提案をする。自分が島津を誘惑して近づき卓の仇を取る,というのだ。最初は反対した高瀬だったが,迫り来る死を意識した美津子の決意は揺るがない。美津子は島津の主宰する陶芸教室に通い,生徒達の間でも噂になるほど島津に媚を売る,と同時に家ではわざと近所に聞こえるように夫婦喧嘩を演じ…そして事件が。

シティホテルのスウィート,不倫関係がこじれての殺人事件。凶器はルームサービスのディナー・ナイフ。死因は心臓を刺されたことによる失血死。状況証拠,物的証拠のすべてが有罪を示唆している。弁護を依頼されたの元検事,所謂ヤメ検弁護士の佐方貞人は無実を主張する被告人を救うことができるのか。そして高瀬夫妻の復讐の行方は?

ネタバレを避けて書ける内容はこんなもんかな。悪役・島津の人物像がかなり「二時間サスペンス」的にステレオタイプだとか,弁護士・佐方の助手って調査能力ありすぎだろうとか,話のリアリティに関しては瑕疵もあるが,このトリックというかアイディア一発で文庫本1冊読者を引きずりまわす剛腕は見事。いや面白うございました。

「最後の証人」をAmazonで検索。


posted by hiro fujimoto at 13:03| Comment(0) |

2016年09月02日のつぶやき








posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記