2016年08月31日

映画レビュー 「ファースター 怒りの銃弾」 ジョージ・ティルマン・ジュニア監督

ファースター 怒りの銃弾
銀行強盗の罪で食らった10年の服役を終え,ドライバーと呼ばれる男(ドウェイン・ジョンソン)が刑務所を出所する。迎えもない彼は刑務所から数キロの道を駆け抜け,廃車置き場に隠された1台のクルマに乗り込む。車内には数人の名前と住所が記された書類,リヴォルバーが1丁,そしてドライバーがその兄と写した幸せそうな写真…。

クルマを駆りリストの最初の1人の働くオフィスにやってきた彼は無駄なことは一切せずに男を射殺,自分の姿が防犯ビデオに残るのも意に介さず去っていく。

この事件を担当することになった刑事(ビリー・ボブ・ソーントン)はあと数日で定年の身,これを機にヤクに蝕まれた身体,そして家族との関係を修復しようとしている。か,署内でも評判の悪い彼と組まされた女性刑事(カーラ・クギーノ)は不満たらたら。そんな彼女がビデオに残ったドライバーの顔を見て,以前押収したあるスナッフ・ビデオを思い出す。

それは10年前の銀行強盗のあと,アジトに戻ったドライバーらが何者かに待ち伏せされ,殺されて金を奪われる顛末を写したもの。ドライバーも顔の見えない男に後頭部を撃たれたが,彼の頭には少年時代に大怪我をして埋められた金属板があり,これが弾丸の向きを変えたため死なずに刑務所に入ったのだった。

ということは,ドライバーが殺したのはあの時の横取り犯の一人か? 調査の結果,やはり殺された男には情報屋として警察に協力していた過去があった。

そんな警察の動きなどおかまいなしにドライバーは次の標的のもとへ。あのスナッフ・ビデオを撮影した初老の男。身障者を装って親切な若い女を自室に招き入れ,クスリで動けなくして趣味の撮影に入ろうとした矢先,男の眼前にドライバーの銃口がつきつけられる。が,首尾よく2人目を葬って廊下に出たドライバーの前に予期せぬ妨害者が…。

それは何者かからドライバーの抹殺を依頼された殺し屋(オリヴァー・ジャクソン・コーエン)。この殺し屋がまたヘンな奴で,その恋人が「LOST」のシャノンことマギー・グレイス…あ,それは関係ないけどとにかくどんどんややこしくなる展開が面白い。

設定は往年の西部劇「荒野の1ドル銀貨」のパクリだし,いろいろ難ありまくりのシナリオなんだけど,一直線に獲物を追うザ・ロックのド迫力がそんなこたぁどうでもいい気にさせてしまう。観て損はしない痛快作。

「ファースター 怒りの銃弾」をAmazonで探す。


posted by hiro fujimoto at 08:17| Comment(0) | 映画

2016年08月30日のつぶやき












posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記