2016年07月13日

映画レビュー 「フィギュアなあなた」 石井隆監督

フィギュアなあなた
担当書籍売れ行き不振の責任を押し付けられたあげく遂にはリストラ対象にされてしまったオタク編集者・内山(柄本佑),新宿のガラスバー(ガラスのテーブルの上で下着姿のダンサーが踊るのを見上げながら酒を飲むところ…らしい)でダンサー(壇蜜)に絡んで放り出される。

行きがかりの駄賃と階段で肩がぶつかったレズのカップル,ヨッちゃん(風間ルミ)と宏美(桜木梨奈)にイチャモンをつけてみたらこのヨッちゃんがとんでもなく強い。ボコボコにされて逃げ出すが,追われ追われていつしか怪しげな廃ビルに。

このビルのなか山と積まれていたのがマネキン人形。その中にたったひとつ,セーラー服を着せられた美少女フィギュア(佐々木心音)を発見した内山,追われていることも忘れ,胸を揉んだりパンツを脱がしたり…。

そうこうするうちレズカップルは別の部屋で,組織の麻薬と金を奪って潜伏中のヤクザ(伊藤洋三郎,山口祥行,飯島大介)と遭遇して大立ち回り。あげくヨッちゃんは射殺され,宏美は輪姦。その最中に彼女は寝台の下に隠れている内山を発見してご注進。内山絶体絶命のピンチに美少女フィギュアが目を覚ます!

原作は監督・石井隆が20年前に発表した「無口なあなた」(知らないヒトがいるかも知れないので書いておくとこのヒトはもともと劇画家なんです)。タイトルを聞いたとき「つまりはよくある『ピノッキオ・バリエーション』なわけ?」と思ったのだがココチよく裏切られた。傑作。

卑怯で小心者でスケベでとことん情けない内山をリアリティ満点に演じた柄本佑(これでまだ25歳だったんか!)の功績も大きいが,なにより112分ある上映時間の間ほとんどパンツを履いてない佐々木心音のがんばりに拍手。

「フィギュアなあなた」をAmazonで探す。

posted by hiro fujimoto at 07:45| Comment(0) | 映画

2016年07月12日のつぶやき










posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記