2016年05月25日

ブックレビュー 「スコット・ラファロ その生涯と音楽」 ヘレン・ラファロ・フェルナンデス著

スコット・ラファロ
スコット・ラファロ…少しでもジャズをかじったことのあるヒトであればこの名前に聞き覚えがあるだろう。いや,聞き覚えはなくても一度くらいは,ビル・エヴァンス・トリオ1961年録音の名盤「ワルツ・フォー・デビイ」を聴いたことがあると思う。

あの,ブラシでハイハットを撫でる音から始まるアルバムでダブルベースを弾いているのが,そのレコーディングのわずか2週間後,交通事故で逝ってしまったスコット・ラファロである。まだ25歳だった。

著者名をご確認いただきたい。著者はスコットの2歳下の妹(旧姓のラファロをミドルネームにしている)。兄の死後,友人だった多くのミュージシャンや音楽関係者からその伝記を書くよう勧められた彼女が40数年かけてまとめたスコット・ラファロの生涯・集大成が本書なのである。正直,身内の綴ったものゆえの「書かれているのはいいことづくめ」感は否めない。

たとえば本書には「スコットはけして麻薬をやらなかったし,ビル(エヴァンスのこと)のヘロイン中毒のことでは『理解できない』と言っていた」とあるが,Wikipedia(日本語版)には出典不明ながら「性格的にはやや粗暴で、麻薬常習者でもあった」と書かれてたり…ね。

読者のヒトリとしては,自分が生まれた年に死んだミュージシャンがいまさら麻薬中毒だっかどうかなんてどうでもいいことだし,当然だけどそれによって彼の音楽の素晴らしさになんかキズがつくもんでもないんだけどね。身内にしてみればそれが大問題だってのもわかるけど。

それよりは彼の音楽家としての軌跡…最初はベースではなくサックスから始めた,だからサックスでできることをベースでやってみるという発想が生まれた,とか,ミュージシャン仲間からの彼への評価,彼らが指摘するスコットの演奏の革新性(これについては楽譜付きでとっても詳しい「論文」が収録されている。当然,それについてオレは評価も要約も解説もできない)なんかはとっても面白く読める。あと「訳注」がすごく適切であるなど翻訳はとってもいい。

思い起こせばエヴァンス・トリオの「ワルツ・フォー・デビイ」を初めて聴いたのは高校の文化祭で喫茶店(の模擬店)をやったとき,仲間のヤブツカ君が家から持ち込んだ高価なオーディオを守るためと称して学校に泊まり込んだ明け方だった。つうことはオレがジャズを聴くようになったきっかけの1枚つうことになる。

スタン・ゲッツやトニー・スコット(映画監督ぢゃないほう)との演奏など,未聴のものが結構あることも知った(詳しいディスコグラフィがついてる)。是非見つけて聴いてみたいと思いましたね。

「スコット・ラファロ その生涯と音楽」をAmazonで検索

posted by hiro fujimoto at 07:58| Comment(0) |

2016年05月24日のつぶやき
















posted by hiro fujimoto at 00:01| Comment(0) | 日記